月別アーカイブ: 2009年11月

儀式三昧13

8日目 ふたたび、シンガポールを経由して帰国します。 聖地巡礼に夢中でお買い物ができなかった方がおられても、大丈夫。 シンガポールを中心とした海外のさまざまな物品が、空港内で買えます。 空港内観光、ショッピング、フットマ … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

儀式三昧 12

7日目-2 カンチープラム すべてが神の顕れであり、不可分の一体であるとするいわゆる「不二一元の哲学」は、 インド哲学の精髄であり、究極といえます。 太古の昔、インドに、人生の最初からこの真実に気づいていた少年が現れまし … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

儀式三昧 11

7日目-1 ヴェロール 今年4月のインド巡礼旅行の前、 私について書かれたシヴァ神の書のなかに、 こんな記述がありました。 『(巡礼中)アシュラムに向かう最初の日、プージャを行なう。  それから9日間、  わたしと女神パ … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

儀式三昧 10

6日目 この日も、午前中は聖地ティルヴァンナマライを巡礼します。 もちろん、希望される方は、どこか気に入った洞窟やその付近で、 個別に瞑想を楽しまれてもかまいません。 午後、ヴェロールに向かいます。 今から15年ほど前、 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

儀式三昧 9

5日目-2 2003年3月1日、マハー・シヴァラトリの日、私はインドの知人宅にいました。 知人は、子供の頃からシヴァ神と話すようになった一人の聖者に帰依していましたが、 聖者はまた、大聖シャンカラーチャーリヤにより、 生 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

儀式三昧 8

5日目-1 ティルヴァンナマライは、 サンスクリット語でアルナーチャラ--炎の山--とも呼ばれ、 山自体がシヴァ神の御神体とされています。 14歳で悟りの体験をしたラマナ・マハリシは、 以後、世俗の事物に対する一切の執着 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

新刊

長い間、「奇跡の国(仮題)」と呼んできた新刊は、 紆余曲折の末、「神々の科学」─奇跡の瞬間─という題に決まった。 定価がまだ正式決定ではないので、 予約していただいている皆さんにメールのお返事ができないでいる。 「申し訳 … 続きを読む

カテゴリー: 瞑想 | コメントする

儀式三昧 7

4日目-3 南インドの聖地群 南インドのこの地域には、多くの聖地があります。 スーリヤナールコイルには、9つの惑星の神々とガネーシャ神が祀られ、 境内にあるご神木は、あらゆる病を癒したという逸話が残っています。 今日、人 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

儀式三昧 6

4日目-2 アンナ・アビシェーカム アビシェーカムは一般に、神々の像に水やミルク、 5種類の甘み(パンチャームリタ)や、白檀水等をおかけし、 お歓ばせするヴェーダの代表的な祭礼です。 この寺院のシヴァ・リンガムは巨大なの … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする