月別アーカイブ: 2008年2月

旅日記13

12/ 4(6日目)その1 1786年、リヨンの北のある寒村に、一人の少年が生まれた。 記憶力も理解力も乏しかった少年は、 勉強という勉強がまったくできず、愚鈍といわれた。 それでも敬虔であった彼は、司祭になろうと志し、 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

旅日記12

このところ連日、 瞑想をお教えした皆さんとお一人数時間ずつご一緒しています。 とても充実した時間ですが、旅日記のほうが中断していましたので、 なんとか再開したいと思います。 12/ 3(5日目)その2 オーヴェルニュの山 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

神人

かつてイエスは親友ラザロの死に際して、涙を流しながらなお、 『ラザロよ、(墓から)出てきなさい』と命じて蘇らせたとされる。 また、イエス自身が十字架に架けられながらなお、 『父よ、あの人たちを許してやってください』とつぶ … 続きを読む

カテゴリー: キリスト教 | コメントする

【バガヴァッド・ギーター】2

【バガヴァッド・ギーター】第一章が、 『アルジュナ失意のヨーガ』と呼ばれるのに対し、 第二章は『叡智のサーンキヤ・ヨーガ』と呼ばれる。 神々の王・インドラの化身アルジュナは、 正義のために戦うべきか、愛のために戦いを放棄 … 続きを読む

カテゴリー: ヴェーダ | コメントする