月別アーカイブ: 2005年11月

第十一回 〜シンガポール・スリランカ〜 五日目

参加者の皆さんはアジア最大といわれるシンガポール・チャンギ国際空港で、二時間の買い物を楽しまれたことだろう。あるいは、空港内の郵便局から日本の家族、友人宛てに手紙を出されたかもしれないし、シンガポール式フットマッサージを … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第十一回 〜シンガポール・スリランカ〜 四日目

ホテルで風味豊かなスパイスを駆使したスリ・ランカの朝食を堪能した後、コロンボに向かう。 途中、リクエストもあり、宝石商へ。宝石を掘る場面をビデオで見た後、実際に研磨・加工するのを見せてもらった。美しい女性参加者たちの目が … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第十一回 〜シンガポール・スリランカ〜 三日目

スリ・ランカで絶対に見逃せない遺跡を一つだけ挙げろと言われれば、やはり仏歯寺だ。 美しい湖畔にあるこの寺は、紀元前6世紀に仏陀が入滅後、これを火葬した際に採取された歯を祀ったことで世界的に有名になった。当然、そこに至るに … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第十一回 〜シンガポール・スリランカ〜 二日目

朝、目が覚めると外は雨。これで気温が下がり、凌ぎやすくなる。恵みの雨だ。そして雨は1、2時間で止む……と思われた。私も、添乗員もそう思っていたし、ガイドさんもそう言った。が、この雨、いつまでたっても止まなかった。そのうち … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第十一回 〜シンガポール・スリランカ〜 一日目

(久々のアジアの旅となった第11回『大いなる生命と心のたび』は、先般、全員が元気にお帰りになり、また、私も遅れて帰国した。恒例の旅日記を、少々遅れて掲載したい。) いつも通り、睡眠2時間で空港へ向かう。そしていつも通り、 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

英知

生命の英知はどこにあるのでしょうか。そう聞かれたら、それはここにある、そこにある、あそこにある、どこにでもある、と答えるしかない。 生命の英知は、科学のなかにある。文学のなかにある。芸術のなかにある。そして太古の科学のな … 続きを読む

カテゴリー: 瞑想 | コメントする

募集 2

<プレマ倶楽部>では、2005年クリスマス企画として、この川に橋を渡すことを計画している。 この橋は、これから自立する地雷障害者だけでなく、周辺の村の人びとのためにも必要だ。現地スタッフによれば、この橋がなければ地域の発 … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ | コメントする

募集 1

コンビニの店先に、年賀はがき印刷の広告旗が立っていた。クリスマスのイルミネーションを始めた店もある。 その上、結構暖かだった気温も今日あたりから急に下がってきた。今年ももう、それほど多くの時間が残されていないことがにわか … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ | コメントする

戦い

K1・HEORS’が、韓国に進出した。格闘界から足を洗ったはずの私も、見逃すことができない。大山峻護君が出場するからだ。 大山君は、日本の誇る柔道エリートだ。より広範な強さを求め、全日本サンボ選手権も4連覇、総合格闘界に … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

先輩 7

私は、彼の風貌を忘れていなかった。出席者の名簿には「三谷幸洋」、まさにその人の名があった。 おおよそ30年ぶりにお会いした先輩は、今はある通信系トップ企業の幹部である。 光栄にも私のことを覚えてくれていて、「昔と変わらな … 続きを読む

カテゴリー: 人生 | コメントする