月別アーカイブ: 2008年9月

ジンクス6

日本の松坂大輔について、彼が甲子園で活躍していた時代から、 レッドソックスとヤンキースのスカウトが注目していたといわれる。 2006年オフ、ポスティング・システムでの大リーグ移籍を表明した松坂に、 両球団とも強い関心を示 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

ジンクス5

バンビーノが在籍した6年間のうち、 3度もワールドシリーズ制覇に輝いた名門ボストン・レッドソックスは、 そのトレードから85年間、負け続けた。 2004年もまた、 ヤンキースとの間でリーグ優勝をかけたシリーズを戦うことと … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

ジンクス4

ニューヨーク・ヤンキースに移籍したベーブ・ルースは野手に専念し、 翌年から打ちまくった。 この年のホームランは54本。 二位のジョージ・シスラーが19本だったことを考えると、 当時、いかに驚異的な数字だったかが分かる。 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

ジンクス3

ジンクスといえば、私がどうしても思い出すのは、 「バンビーノの呪い」である。 これについて、以前にブログに書いたつもりでいたのだが、 検索しても出てこないので、 書いたと思っていたのは私の印象の世界のことであったに違いな … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

ジンクス2

昨日ご紹介したジンクスの真相は、 その多くが、「印象」の悪戯だろうと思われる。 大きなチャンスの直後にこんなピンチを迎えてしまった! あんなに打ったのに、次の試合ではまったく打てなかった! 無死満塁だったのに点がとれなか … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

ジンクス

真実は見た目と必ずしも一致しないことがある、という話題を、 オリンピック史上の事故にからめてとりあげた。 デッカーとバッドは、よほど因縁浅からぬ仲であるに違いないが、 世の中にはジンクスというものもある。 辞書をひくと、 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

五輪18

コマネチ同様、この二人がその後、どのような人生をたどっていったか、 多くの人は知らないのではなかろうか。 メアリー・デッカーは、4年後のソウルオリンピックにも出場、 1500メートルで8位、3000メートルで10位になっ … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

五輪17

ご指摘いただいたシーンは、私もよく覚えている。 アメリカの天才ランナー メアリー・デッカーは、 76年(18歳)のモントリオールを故障で、 80年のモスクワをボイコットでともに棒に振り、 しかし83年、ついに1500メー … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

五輪16

一昨日の<瞑想くらぶ>のとき、 相対世界を生きるなかで、 われわれがときに得ることのできる“小さな喜び”について、 例を挙げて説明した。 それはたとえば、東京オリンピックのとき、 芸術的に美しいクロールで4つの金メダルを … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

旅日記11

7月6日-6 かつて聖者は、この聖なる山の周りを、 ゆっくり歩いて巡礼するようにと語られたことがあった。 まるで妊婦がそうするように、ゆっくり、ゆっくり歩けというのである。 したがって、今も、インド人、欧米人を問わず、 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする