投稿者「mariaoyama」のアーカイブ

『五輪 9』―4連覇―

日本の男子体操がオリンピックで5連覇を果たした最後の年、 モントリオール・オリンピックのとき、私は高校3年だった。 忘れもしない7月下旬、女子体操の規定演技を何気なく見ていると、 一人の少女がテレビに映し出された。 当時 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | 1件のコメント

『五輪 8』―連覇―

日々、新たなヒーローとヒロインが誕生し、ドラマが繰り広げられるオリンピックだが、 体操・個人総合では内村航平が2連覇を果たした。 4種目を終わった時点で、一位ウクライナのオレグ・ベルニャエフとの差は0.401。 ちょっと … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | コメントする

『五輪 7』―怪物―

イアン・ソープのような超人はもう当分現れないだろうと思っていたら、 彗星のように登場して、あっという間にその記録を塗り替えてしまった男が出た。 ちょうどソープと入れ代わるように登場した2004年アテネ・オリンピックで、 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | コメントする

『五輪 6』―超人―

2001年9月11日、一人の青年が最上階からの眺望を楽しもうと、 ニューヨークは世界貿易センタービルに向かっていた。 が、彼は途中でカメラを忘れたことに気づき、引き返す。 ふたたび、貿易センタービルに向かおうとしたとき、 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | コメントする

『五輪 5』―苦行―

1984年、ロサンゼルス・オリンピック。 日本中が注目していたのは、瀬古利彦の“金メダル”だった。 無理もない。それまで9回マラソンを走って6勝。 過去5回の国際大会すべてで優勝していた。 当時名伯楽といわれた中村清監督 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | コメントする

『五輪 4』―香―

リオデジャネイロ・オリンピック デイリーハイライトという番組をNHKがやっていたので観てみたところ、山口香さんが出ていた。 この方の名前を知っている人は、一般にはそう多くないのかもしれない。 女子柔道の草分け的存在である … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | コメントする

『五輪 3』―野獣― 

柔道に打ち込む一人の少女がいた。 真面目で寡黙。勝っても歓びをあまり表情に出さない。 抜群の才能をもってはいたが、淡々と柔道を続けていたことろ、 大学2年のある日、学内の道場で、麦茶の入ったクーラーボックスから、 体長1 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ, 人生 | コメントする

『五輪 2』―宿命のライバル―

表題のこの言葉を、私は子供の頃から聞いていた。 われわれの時代の「宿命のライバル」は、 もちろん、劇画『巨人の星』に登場する星飛雄馬と花形満の関係をいう。 劇画のなかで、星飛雄馬は貧しい家に生まれ、父親はその名のとおり頑 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

『五輪 1』

4年に一度のスポーツの祭典・オリンピック。 開会式のダイジェストをチラと観てみたが、やはりオリンピックはいいと感じてしまう。 汚職による大統領の職務停止や経済の停滞、工事の遅延、犯罪の横行……。 今回ほど多難な船出はない … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | コメントする

「9つの惑星の神々」

11月、急遽インドに行くことになった。 長い間の懸案であった大きなホーマを捧げ、 インドに慈善や儀式を依頼された皆さんのそれが どんなふうに進行しているかをみるためでもあったが、 占星学的な星の配列や、 関係する人たちの … 続きを読む

カテゴリー: ヴェーダ, 大いなる生命と心のたび, 瞑想 | コメントする