月別アーカイブ: 2012年1月

相対世界

昨日友人と話していると、彼が言った。 「いったいいつになったら、この輪廻の鎖から解き放たれるんでしょう……」 それに対するクリシュナ神の直接的で有名な答えが、【バガヴァッド・ギーター】第4章に書かれていて、 それがちょう … 続きを読む

カテゴリー: ヴェーダ | コメントする

聖者vs大師

最終的な悟りを啓くことは、誰にとっても究極の目標であるに違いない。 それを意識しているごく少数の人と、意識していない大部分の人に別れるにしても、 そのことに変わりはない。 幼少時より、それを深く熱望していたパラマハンサ・ … 続きを読む

カテゴリー: ヴェーダ | コメントする

鬼才3

「当時、バレー部の女子は  森田派と横田派(ヒロミかヒデキかというくらい)で  盛り上がっていたものでした。  私は猫田選手が好きだったなあ……」 という女性読者もいた。 こうして、「ミュンヘンへの道」は国民的熱気に包ま … 続きを読む

カテゴリー: 人生 | コメントする

鬼才2

東大に入ると、体育の授業の最初で、体力測定がある。 それは通常の体育館ではない、 「トレーニング体育館」という変わった名前の体育館で行なわれる。 実はそこが、かつて松平康隆らがクイックや時間差攻撃、 一人時間差や移動攻撃 … 続きを読む

カテゴリー: 人生 | コメントする

鬼才1

1996年……だったと思う。 遠藤周作先生の追悼集会に出席していたときのことだ。 私が特に先生の関係者だったわけではないが、 二度にわたる対談が本にもなり、 遠藤先生の秘書の方にもずいぶんお世話になったので、 そのような … 続きを読む

カテゴリー: 人生 | コメントする

新春講演会2

新春早々ですが、少しだけ打ち明け話をしましょう。 かつて、拙著『神々の科学』に登場するイタリア3人娘を連れて、 マハーバリプラムに行ったことがあります。 (この話はもちろん、本には出てきません……) マハーバリプラムは、 … 続きを読む

カテゴリー: ヴェーダ | コメントする

新春講演会1

大変遅ればせながら、この場を借りて、 7日の新春講演会においでいただいた皆さんに感謝いたします。 おかげさまをもちまして、無事講演は終了、 どうなることかと懸念していたゲーム大会は、 講演より盛り上がって終了いたしました … 続きを読む

カテゴリー: ヴェーダ | コメントする

前後不覚……2

SHOさん、いつもコメントをありがとう。 『大いなる生命と心のたび』シリーズが終わったら、 SHOさんのコメントにもコメントしようとずっと思っていたのに……

カテゴリー: 人生 | コメントする

前後不覚……

イスカーナさん、いつもコメントをありがとう。 『大いなる生命と心のたび』シリーズが終わったら、 イスカーナさんのコメントにコメントしようとずっと思っていたのに……、

カテゴリー: ヴェーダ | コメントする

2月17日(七日目)

マハーバリプラム → チェンナイ  現在はベンガル湾を臨むビーチリゾートであるマハーバリプラムは、 世界遺産として登録され、数多の遺跡を含む聖都でもある。 7世紀頃には東西交易の要衝として栄え、 学術的に極めて重要な村で … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする