月別アーカイブ: 2002年6月

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 一日目

ルルドの旅は、毎年本当に待ち遠しい。が、今回は困ったことが起きた。直前になって、声が出なくなってしまったのだ(エッセー欄6月27日)。無理に話そうとすると、激しく咳き込む。この日が待ち遠しかった……が、まだ来てほしくはな … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

大ピンチ!

 あと数日後にはルルドにいるというのに、今だにタイの余韻が去らない。  思えば、夢のようだった。礼儀正しくて温かい人びと。報道の人間ですら、彼らは人の写真を撮ったら、いちいち頭を下げていた。仏教の、深い宗教性。これについ … 続きを読む

カテゴリー: 世界 | コメントする

聖母への手紙

 ルルド・ファティマの旅まであと一週間。毎年の一番楽しみな行事になった。6月30日が近づくのが待ち遠しい。……が、同時に怖い。日本を発つまでにやっておかねばならない事が多すぎるのだ。果して間に合うのか……。  すでに旅行 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

国連宗教者会議 5

 三日間、スピーチと通訳でおおわらわだった会議が終了し、帰国の途についた。飛行機に乗ってから、この三日間に起きてきたさまざまに印象的なことが頭を駆けめぐる。ほとんどゆっくり寝る間もなかったが、昨夜はすべてが終わった後、少 … 続きを読む

カテゴリー: 世界 | コメントする

国連宗教者会議 4

 この日、ふたたび声は出なくなっていた。隣の人との会話もまともにはできない。それでも、あのインディアンのおじさんを見つけて、僕はなんとか言った。 「おかげさまで昨日だけ、声が出たのです。ありがとうございました」  すると … 続きを読む

カテゴリー: 人生 | コメントする

国連宗教者会議 3

 昨夜は夜遅くまでいろいろな打ち合わせをして、結局、寝たのは夜中の1時だった。が、この日は朝5時に目が醒める。声はどうか……。出そうな気がするが、声は実際にその場で出してみるまで分からない。  国連ビルに着き、午前のセッ … 続きを読む

カテゴリー: 世界 | コメントする

国連宗教者会議 2

 タイ人の親切は有名である。会場に到着すると、無数の男女の小学生たちが各国の旗を振って沿道を埋め、目を合わせるとお辞儀をしてくれる。そして「ニーハオ!」中国人だと思われているらしい。しばらくして日本人と分かり、「コニチワ … 続きを読む

カテゴリー: 世界 | コメントする

国連宗教者会議 1

 国連主催の「宗教者、精神指導者による世界平和サミット」というのがあるので出てほしいと、なぜか言われた。二年前にニューヨークの国連本部で行なわれた「宗教者、精神指導者によるミレニアム世界平和サミット」に続いて、今回はタイ … 続きを読む

カテゴリー: 世界 | コメントする