月別アーカイブ: 2003年3月

第七回 〜タイ バンコク・カンチャナブリ〜 四日目

 この日早朝、立派なホテルを泣く泣く後にする。カンチャナブリ近くにある寺で修行する日本人僧侶アチャン・カヴェサゴ師に会うためである。  このスナンタワナラム寺は、かつては荒涼とした大地だった。そこに3人の日本人僧が10万 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第七回 〜タイ バンコク・カンチャナブリ〜 三日目

 この日、午前中に向かったのがダムヌンサドゥアック水上マーケット。ここまで来れば、実際のタイ人の生活が見れますよ、という事前の現地代理店の説明どおり、ボートのなかから運河沿いに見る光景は、生の生活そのもの。家のなかでくつ … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第七回 〜タイ バンコク・カンチャナブリ〜 二日目

 エメラルド寺院は、タイに来た人が必ず訪れる名所。このエメラルド仏は、紀元前43年、北インドで造られた。三百年後、内戦を避けて像はセイロンへ渡ったが、船が難破、仏像も海中に沈む。ところが、その仏像がアンコールの海岸に打ち … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第七回 〜タイ バンコク・カンチャナブリ〜 一日目

 思えば、最初の『大いなる生命と心のたび』は中国で、第二回はバリだった。その後、ルルドを始めとしたヨーロッパの聖地に行くようになり、すっかりはまってしまった私は、アジアの旅のことを忘れていた。が、それを思い出させてくれた … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする