月別アーカイブ: 2002年7月

聖者の世界 2

 旅の参加者は、必ずしも全員がピオ神父に詳しいわけではない。そこで僕が調べようと思い立ったのだが、調べれば調べるほど、キリスト教世界にもこれほどの聖者がいたかという感を新たにする。  神父を有名にしてしまったのは、なんと … 続きを読む

カテゴリー: 世界 | コメントする

聖者の世界 1

 1999年5月2日、一人のカトリック司祭が「福者」の列に加えられた。福者とは、聖人になる前の段階の賢人のことである。  この日行なわれる列福式のため、法王庁はサン・ピエトロ広場に三万席を用意したが、訪れた巡礼者はそれを … 続きを読む

カテゴリー: キリスト教 | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 八日目

 成田に向かう飛行機の中、ほぼ全員がぐっすり眠っている。今回は、ルルド・ファティマという聖母出現の二大聖地が入ったので、移動も多かった。添乗員の下江さんを飲みに誘う剛の者も、今回はいない。  前の座席に「ルルドの母」こと … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 七日目

 午前中、ポルトガルの「谷間の真珠」といわれるオビドスを観光。バスのなかでは、ポルトガル人と結婚したという現地の日本人ガイドさんが、ポルトガルの生活事情などを説明してくれる。  今回の旅行は、これまでのどの旅行にも増して … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 六日目

 朝、6時半前に行ってみると、すでに何人かの人がバジリカ前で待っていた。  ミサが始まり、司祭の説教になって驚いた。壇上から「どこから来られました?」と語りかけられたのだ。慌てて「Japan」と答えたが、こんなことは日本 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 五日目

 ピレネー山嶺・フランス側のルルドから直接ファティマに向かおうとすると、バスで二日の行程。それは無理だから、一旦飛行機でパリに戻り、それから引き返してポルトガルのリスボン、そしてバスでファティマに向かう。  ルルドにカー … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 四日目

 この日の早朝ミサに、Aさんをお連れする。この方も、カトリックの洗礼を受けながら、三十年ほどの間、教会から離れておられた。これで、事実上の初聖体が、ツアー中に二件もあったことになる。  ところで、前回までの旅で一番たくさ … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 三日目

 この日の朝、早朝ミサにSさんをお連れする。彼女は、幼児洗礼を受けながら、さまざまな事情でこれまで教会に行くことができなかった。三十数年後のミサ、そして初聖体(聖変化されたパン=キリストの体を、初めていただくこと。『最後 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第六回 〜ルルド・ファティマ・リスボン〜 二日目

やむを得ず用意してきた“禁断の”クスリを用いる。これを喉に流すと、二時間ほどは少し咳を抑えることができる。エフェドリン様物質が、気管支を拡張してくれるのだ。が、その同じ物質が体にはすこぶる負担になって、下痢したり眠れなく … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする