月別アーカイブ: 2012年3月

インドの旅 番外編 6

今回のセミナーは特別な意味合いがあったこともあり、 皆さまにはそれなりに満足していただけたようだった。 しかし私自身は、前半部分を話している間からなぜか体の節々が痛み、 すこぶる調子が悪かった。 後半部分で皆さんとご一緒 … 続きを読む

カテゴリー: 人生 | コメントする

インドの旅 番外編 5

かつて駐日インド大使がこう語ったことがある。 「世界に二つの巨大な文化の源流がある。 一つはヴェーダであり、もう一つはユダヤ・キリスト教だ」 ユダヤ・キリスト教の流れが、たとえ文字通り、ヴェーダに比肩し得るものではなかっ … 続きを読む

カテゴリー: キリスト教 | コメントする

インドの旅 番外編 4 

私の住んだ山小屋のなかにはまた、 屋根裏に住みついている別の生物種がいた。 彼らは、屋根裏でなにかの遊び道具を持っているらしく、 夜ともなれば、それを盛んに転がして遊ぶ音がする。 ときどきカーーーン、カン、カンカンカン… … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅 番外編 3

すべての山小屋には、また、ネコが出没した。 インドの猫なので、当然、痩せているのであるが、 そのうちの一匹は、なにをどう見ても、 直近の過去世までネコだったというスタッフのMに似ているのである。 そこでこれをMと名づけ、 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅 番外編 2

洗面台の小穴からカエルが侵入してきていた、といわれても、 読者の皆さんには信じられないであろう。 そんな小さな穴からどうやってカエルは入ってくるのか・・・。 もし私たちが、直径30センチの穴から出てこいといわれたらどうす … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ, 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅 番外編 1

チェンナイの空港でみなさんをお見送りしたとき、 それに続く旅がこんなふうであることが最初から分かっていれば、 私はどんなことをしてでもあの飛行機に乗って一緒に帰国したに違いない。 しかしよくしたもので、われわれには、未来 … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ, 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅8

ふたたび1時間をかけ、山小屋にもどる途中、 わたし的には信じられないスピードでメールチェックを試みると、 そのなかに次のような一報があった。 『昨年の夏頃から多発していた湿疹が最近治まってきました♪(原文のまま)』 との … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ, 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅7

私には到底、これが虫刺されによるものとは思えなかった。 確かに原因ははっきりしないものの、 症状は、ある日の夕食後、突然に起きてきたのだし、 この種の虫刺されの場合に起きてくるはずの高熱も、ひどい頭痛も、 起きてきそうな … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ, 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅6

医師はやおら、こう語った。 「今、あなたがいるあの地域は、とにかく田舎なんですよ」 田舎・・・。 その意味ではどこもだいたい同じに思えたが、彼は顔をしかめるようにしてそう言ったのだった。 「そしてあそこには、〇〇〇〇〇が … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ, 大いなる生命と心のたび | コメントする

インドの旅5

医師は言った。 「ディーパック・・さん?」 「はい」 「なんでインド人の名前がついてるんですか?」 (そ、そんな・・・そこから始まっちゃうんですか・・・) そう思いつつ、仕方ないので本に書いたような聖なる紐の儀式の話をす … 続きを読む

カテゴリー: チャリティ, 大いなる生命と心のたび | コメントする