月別アーカイブ: 2000年7月

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 七日目

夜のフライトがとれたおかげで、丸一日が自由時間に。それぞれ、美術館や教会、はたまたパリ三越へと繰り出して行く。 わたしは、ノートルダム寺院を鑑賞した後、マリア像を探しに出た。困難が予想されたが、最初に入った店で見たマリア … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 六日目

 当初、ダメといい続けた鬼の下江も、ついにKさんの熱意に折れ、ルルド行きの時刻表を繰ることに。しかし翌日には、日本に向けて発って行かねばならない。 「今日中に帰ってくること」それが添乗員としての彼の条件だった。ということ … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 五日目

 聖女ベルナデッタは、ルルドで聖母の出現を受けた後、遠くヌヴェールの修道院へと旅立っていく。そこが、持参金無しで受け入れてくれた唯一の修道院だった。  現在、パリから車で三時間のこの場所に、私は一番来てみたかった。  聖 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 四日目

 ルルドを発つ日の朝、ツアーの中の何人かの人が、6時前に洞窟で祈っていた。水筒やペットボトルに水を詰め、名残を惜しむ。 「もう一日、ルルドにいたい!」との声にもひるまず、鬼の下江は全員をTGVへ押し込む。車内でとった昼食 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 三日目

 午前中、現地のガイドにルルドを案内してもらう。あいにくの雨だが、皆、真剣に耳を傾ける。  ベルナデッタの家族は極貧の生活をしていて、かつての牢屋の一室に寝起きしていた。聖母出現の後、この家族を経済的に助けようとした人び … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 二日目

 旅の最大の目的地・ルルド。1858年、聖母マリアが14歳の少女ベルナデッタに出現し、泉を湧き出させ、奇跡を顕した地である。以後、 140年以上にわたって、病気の治癒などの奇跡が続いている。  朝10時発のTGV(フラン … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする

第三回 〜パリ・ルルド・ヌヴェール〜 一日目

珍しく前日までに旅支度を終えた私は、「これこそまさに今世紀最後の奇跡!」などと思いながら眠りに就く。が、案の定、当日朝になってさまざまな不備が発覚。発車間際の電車に飛び乗れたのが、第二の奇跡となる。 何とか成田にたどり着 … 続きを読む

カテゴリー: 大いなる生命と心のたび | コメントする