旅日記1


4月11日から一週間、第17回『大いなる生命と心のたび』が催行され、
18日には全員が元気に帰国されました。
遅ればせながら、その折りの旅日記を少しずつ掲載していきます。
もちろん、すべては到底書き切れない、思い出の旅ではあったのですが……。
4月11日(初日)-1
この日はきっちりした集合時間を設けることなく、
おおむね8時半から9時の間に来ていただいて、
三々五々、チェックインしていただくことになっている。
ならばおそらく、8時くらいにおいでの方もおられるに違いない。
私自身は8時に成田到着目標。
Yさんが車で迎えに来てくださるというので、
無理を言って6時に来ていただくことにした。
彼もおそらく、前日徹夜であるに違いない。
たぶん、実際の到着は6時半くらいか……。
そう思ってつい、ブログなど書いていると、朝6時にYさんから電話!
もうすぐそこに来ているという。
空港に着いてから気がついた。
前日、遅くまでスタッフのハラと練り上げた資料がない。
空港で、サイババのアシュラムの説明をするための大きな地図もない。
自宅を焦って飛び出したとき、忘れてきたのだ。
それでも、空港で皆さんに会うとすべての憂えを忘れてしまう。
そして、心を尽くしてご挨拶と、最善を尽くして旅行全体の説明をした。
河-1

皆さんにご説明
いよいよ出発! と思ったが、
まだまだ空港でやることが残っている。
TCを買い、必要な電話をしていると、もう搭乗時間だ。
走って出国検査場に向かう私を、大陸旅遊の職員が最後まで見送ってくれた。
まずい、遅れそうだ……!
電話をしながら搭乗ゲートに走り込んだと思ったら……


添乗員のOさんに言われた。
「遅れてます。午後1時の出発です」


カテゴリー: 大いなる生命と心のたび パーマリンク

コメントを残す