青山圭秀エッセイ バックナンバー 第131号 –

最新号へ

第131号(2020年1月23日配信)

『ご挨拶』

新しい年を健やかにお迎えのことと思います。
新年にあたり、今年の予定を知りたいという方もおられましたので、
おおむねこのようになるのではないかという予想を書いてみたいと思います。
変更があり得ますので、どうかご了承ください。

進んだ瞑想の講座について、さまざまお問い合わせをいただいています。
先日、神戸で<Art4>Stage4が終わりましたが、
東京では同講座を4月29日に行ないます。
当然、同じ内容を話すのですが、不思議なことに、
行なう場所、お話しする相手の皆さんによって挿話など、その趣が違ってきます。
東京では今年中に<Art4>Stage5も行なわれることになると思われますが、
たくさんの皆さんからお問い合わせいただいている次の瞑想講座については、
以下のような予定です。

昨年、40年に一度湖中から引き上げられるヴィシュヌ神・ペルマールを、
予言の指示により礼拝に向かいました。
それに続き、同神の特殊な恩寵により与えられる新しい瞑想の技術についての記述があり、
これは2020年の4月15日を過ぎてからでなければ教えてはならないと書かれていました。
それについてはなお、お教えする前に私がしなければならないこともあり、
実際に講座が行なわれるのは秋以降になると思われます。

現在、国内、国外を問わず、私自身に巡礼に行くようにという指示はありません。
その状態は、今年前半で終わると思われますので、
次回『大いなる生命とこころの旅』は夏以降となります。
行き先は、いずれ予言のなかで示されると思われますが、
アフリカの学校と修道院の支援は続けなければなりません。
そのためには例年通り、9月にはアフリカに渡ることになる予定です。

今年も月に一度のペースで、『あるヨギの自叙伝』を勉強していきたいと思います。
前回はムクンダが奇跡的に大学の卒業試験に合格する痛快な章を読みましたが、
これが大いに受けた方も相当数おられたようです。
今回の章は、さらにわくわくする内容で、ムクンダはついにスワミ僧団の僧侶となり、
『ヨガナンダ』という法名を得ることになります。
折しもちょうど、私たちを代表して数人が聖サバリ山への困難な旅から戻ってきましたので、
26日にはお祝いに、アイヤッパ神に捧げた後、
持ち帰られたお米とプラサーダムをお分けしたいと思います。

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。



最新号へ