メールマガジン<プレマ通信>

青山圭秀エッセイ バックナンバー 第121号 –

最新号へ

第121号(2019年4月3日配信)

『抽選』

皆さんに瞑想をお教えしていると、時折、
私が特別にしなければならないことが書かれた予言が、
探そうとしなくても出てくることがある。

『来年の末までに、祖国とおまえの弟子たちのために三度、
大きなパリハーラムを行なうことになる。
弟子のなかに、予期せぬ困難に遭遇しようとしている者がいるからだ。
彼らは、それに気づいていない』
この予言がでてきたのが昨年の2月、
タミル暦で“来年の末”は、今年の4月13日に当たる。
『(三つのパリハーラムのうち)最初のものを探すのは困難が伴う。
出てきたとしたら、それはあなた方の幸運を示している……』
これを探すために私と予言の読み手は質問を立て、
まずその答えが書かれた葉を探し出して、
そこに指示されていたさまざまな儀式や断食、慈善を行なった末、
最初の処方箋が出てきた。

インドで行なうことのなかに、
女神に一日、祭礼を捧げるというものがあった。
当日、ポンディチェリの村で、寺院から出て民家の祭壇に移られた神は、
家系を引き継ぐ一人の男に乗り移ると、
私たちの一人をじっと見つめて話しかけてきた。
それはまさに、予期せぬ困難に遭遇していた方だった。
『なんでも、私に聞くがよい……』
そう言われた神は、彼女の質問に答えた後、ふたたび祭壇に戻られ、
その日一日、われわれの捧げる祭礼をお受けになった。

その後、昨年の間に二回目のパリハーラムが行なわれ、
そうして予言されたとおり、今回、去年から数えて三回目のパリハーラムが出てきた。
それによると、私は、5月から6月にかけてインドを巡礼しなければならない。
どこに行くのか、どのような儀式や慈善を捧げることになるのかについては、
さらに別の予言を残してある……とのことだった。

2008年、われわれがインドに建立した寺院を開くための落慶式が行なわれた。
それから10年が経ち、次の星回りが巡ってきた。
そのための儀式と、皆さんのパリハーラムのため、
今年の『大いなる生命とこころの旅』は、8月最終週を想定している。
ラマナ・マハリシの聖地アルナーチャラ山を歩いて巡礼し、
カンチープラムで聖なるシャンカラチャーリヤの謁見にも与る予定だ。

しかし今回、その前にもインド巡礼を行なうように、
そしてこの旅には「“弟子”を連れて行くように」ということが指示されていた。
これを読み解いた予言の読み手は、原文の示唆に基づき、
連れて行く弟子を「抽選」で選ぶようにと勧めた。

4月14日(日)、タミル暦の新年とともに、神の化身・ラーマ王子の聖誕祭が訪れる。
この日はヴェーダの解説、皆さんとご一緒に行なう瞑想以外に、
神の讃歌を歌うようにという指示があったので、
その道の方に来ていただくべく準備を進めている。
その後、神々にお捧げした食事をいただく。

上記パリハーラムのための「葉の礼拝の儀式」は、
4月28日(日)、<Art3>完成編終了後に予定している。
この日は、アビシェーカ・プージャに加え、神々のご像、ご絵を大量の花々で埋めつくす
プシュパンジャリ・プージャも行なわれる。

春が訪れ、久しぶりにセミナーに出て瞑想もしてみようかと思っておられた皆さん、
平成の御代の最後、<Art3>をとろうか、
または再受講しようかと思っておられた皆さんには、
この機会にご参加いただきたい。
そのなかから、この旅に同行していただける方、同行しなければならない方を
神々がお選びになるものと信じ、
私も今からわくわくしている。



最新号へ