青山圭秀エッセイ バックナンバー 第161号 –

最新号へ

第161号(2022年11月1日配信)

『聖者と神々の思い出』

カルパスワミ神は、神々のなかでも特異な地位を占めるかただ。
彼は酒を好む。タバコも吸う。肉も召し上がる。
かといって清浄でないわけはなく、地上においては強大な力をもち、
弱者を救い、天界に導くという使命を担っておられる。

南インドには、カルパスワミ神を一身に受け、その言葉を口にする方がおられる。
彼もまた、カルパスワミと呼ばれる。
こちらは人間なので、聖者カルパスワミとお呼びするほうが正しいであろう。
聖者は通常、菜食であるが、
カルパスワミ神が降臨されるや、酒を呑み、タバコを吸われ、
帰依者からは肉の献上を受け取られる。
かつて、聖者アガスティアが大海を呑んだという神話があるが、
こちらは地上の穢れを呑み込まれ、
われわれには幸福だけ残してくださる。

かつて、カルパスワミ神が降りてこられる前、
つまり聖者が聖者ご自身であられる間に、
私たち巡礼者を小部屋に導き入れてくださったことがあった。
そのとき、その掌からカルパスワミ神が立ち昇られ、
私たち一人ひとりの中に入って祝福されたのを見た人がいる。
また、聖者が突然、扉を開けてお出ましになったとき、
一人の方は決して近くにいたわけでもないのにその“風圧”に吹き飛ばされ、
コロコロと転がった。

思い出深い8月の巡礼旅行後、数度にわたって次の巡礼の指示が予言に現れた。
『カールッティケの月(11月15日~12月15日)、
シヴァ神のダルシャンに与りなさい。
ティルヴァンナマライとチダンバラムに赴くように……』
この期間で巡礼に行こうとしていたところ、
これを察知されたのかカルパスワミから、
『12月7日、満月の大祭には21神将がこぞって降臨される。
是非、会いに来るように』
という直接のお言葉をいただいた。
カルパスワミ神配下の21位の(21人の)神々のことである。
こうして今回の私の巡礼は、12月6日(火)~11日(日)で組むこととなった。
結果、日本への帰途にはクアラルンプールで適度な時間が発生するので、
自由時間として買い物やマッサージを楽しみ、その他の巡礼や観光も可能となった。

カルパスワミ神と21神将にお目にかかれるのかどうか、
そこで今回どのような奇跡が起きてくるのかは、まさに神々や聖者のご意志により、
こちらの意識のありようにかかっている。
しかしいずれにしても、
チダンバラム・ミステリーといわれるナタラージャ寺院を巡礼し、
訪れた者だれもが驚くというカーリー寺院を参拝、
さらに、ラマナ・マハリシの聖地では瞑想に浸りつつ、
まだ日本人の誰も与ったことのないウイルス鎮静化のための
大ホーマを捧げることになる。

今回のこの巡礼についてもっと知りたい、
一緒に行きたいという方もおられるかもしれない。
時々刻々、情況が変わってきているので、
その皆さんは至急、お問い合わせフォームからご連絡いただきたい。


最新号へ