企画旅行

第35回『大いなる生命とこころの旅』
— イスラムの神秘、ヒンドゥの秘儀、仏の慈悲 —


> 旅程
> 旅行代金
> 申込手順
> 旅行代金のお支払いに関して
> インド旅行のためのPCR検査及びワクチン接種について(2022年6月1日現在)


【旅程】

2022年8月7日(日)
成田 - デリー - ジャイプール 
11:15成田発エアインディアにてデリーへ
17:25到着後、入国審査へ
22:20AIR ASIA にてジヤイプールへ
23:10専用バスにて空港近くのホテルへ

<ジャイプール泊>
2022年8月8日(月)
ジャイプール - プシュカル - アジュメール 
午前専用バスにて「巡礼地の王」プシュカルへ
希望者は生涯の罪を洗い流すといわれるプシュカル湖にて沐浴、インド有数のブラフマー寺院を参詣
午後専用バスにてアジュメールへ。ホテルにチェックイン後、希望される方はプールやスパ、インド式マッサージをお楽しみください
夕刻夕食後、中世のスーフィー聖者ムイーヌッディーン・チシュティーを祀るダルガー(墓廟)を参詣

<アジュメール泊>
2022年8月9日(火)
アジュメール - ジャイプール - ベナレス 
午前朝食後、専用バスにてジャイプールへ
14:25SPICE JETにて「霊光あふれる町」ベナレスへ
16:10着後、聖河ガンジスにて女神ガンガーに捧げるアーラティ(炎の儀式)に参列

<ベナレス泊>
2022年8月10日(水)
ベナレス 
終日聖地ベナレス巡礼
聖河ガンジスにて沐浴、身近だった死者のために個別に捧げるピンダ・プージャ、宇宙を統べる大シヴァ神を祀るヴィシュワナート寺院やその他の主要な寺院群を参拝

<ベナレス泊>
2022年8月11日(木)
ベナレス - ブッダガヤ 
終日朝食後、専用バスにて「ブッダ解脱の聖地」ブッダガヤへ
到着時間に応じてブッダガヤを巡礼

<ブッダガヤ泊>
2022年8月12日(金)
ブッダガヤ - デリー 
午前仏陀が悟りを啓いたといわれる菩提樹と世界遺産マハーボーディ寺、ジャイアントブッダ、印度山日本寺、王立ブータン修道院 (ブータン寺)などを参拝
15:15INDIGO AIRにてデリーへ
16:45着後、専用バスにて、チャンドニー チョークへ
※インド現地のスタッフたちが、いつもパリハーラムのお食事を人々に配っているローカル市場

<デリー泊>
2022年8月13日(土)
デリー 
終日サイババ寺院、ロータス寺院などを参拝
巨大モールにてショッピング、夕食後、空港へ
23:00エアインディアにて帰国の途へ

<機中泊>
2022年8月14日(日)
成田 
10:30成田着、入国通関後、解散

※旅程に記載のスケジュールは、現地交通機関等の事情により、変更となる場合がございます。


【旅行期間】

2022年8月7日(日)~14日(日)

【利用航空会社】

エア・インディア

AI307 8月7日(日)
成田国際空港 11:15 発
デリー(インディラ・ガンジー)国際空港 17:25着

AI306 8月13日(土)
デリー(インディラ・ガンジー)国際空港 23:00発
成田国際空港 10:30着(+1)


【旅行代金】

449,800円
<プレマ倶楽部>会員の方:399,800円

  • 一人部屋追加料金:69,800円
  • その他諸費用として、燃油サーチャージ、成田空港施設利用料、 国際観光旅客税、インド空港諸税等、計53,550円がかかります

【申込手順】

エア・インディア社コンピュータシステムの大幅な改変により、従前のように数十席を同時におとりすることができません。お申し込みは、大変お手数ですが、以下の手順となります。

  1. 旅行に参加することを決定されましたら、旅行代理店・(株)大陸旅遊の谷奥社長宛てに、eメールにてご連絡ください。
    tanioku@piano.ocn.ne.jp
    その際、パスポート写真付きページのコピー(PDFまたは写メール)を添付し、連絡先電話番号と<プレマ倶楽部>会員かどうかをお書き添えください。

  2. 大陸旅遊にて、エア・インディア国際線を一席ずつ購入し、 インド側旅行代理店にて、インド国内線座席(3セクター)を購入します。

  3. 購入が完了しましたら、大陸旅遊より、ビザなど、以後必要なお手続きを含め、メールでご案内があります。

【旅行代金のお支払いに関して】

  1. 購入に必要なエアチケット代金は、(株)アートオブサイエンスにて一旦お建て替えします。

  2. 旅行全体の代金は、出発の約一カ月前までに大陸旅遊よりご連絡、お振り込みいただくようになります。

※お申し込み時に国際線の残席がなくなっていた場合は、代替便をおとりすることになります。現状の候補は羽田発着の次の二便で、いずれも数万円の割り増しとなる模様です。

■ 日本航空
JL039 8月7日(日) 羽田(10:45) - デリー(16:00)
JL030 8月14日(日) デリー(19:05) - 羽田(06:55 +1 翌日)

■ 全日空
NH837 8月7日(日) 羽田(09:40) - デリー(15:55)
NH838 8月14日(日) デリー(18:00) - 羽田(05:55 +1 翌日)


【キャンセル料】

国際線のお席を抑えるためには、予約ではなく、チケットを購入する必要があります。
キャンセルの場合は、キャンセル料が発生いたします。

■お申し込みは本日(6/9)より、開始いたします。

■お問い合わせ・ご相談は、大陸旅遊:谷奥までお申し付けください。
tanioku@piano.ocn.ne.jp
090-2476-0634


【インド旅行のためのPCR検査及びワクチン接種について】

(2022年6月1日現在)

※※インドも日本も規制は日々変化しており、 2か月後にはさらに緩和されているものと予想されます※※


インド入国に際して

1)ワクチン接種証明書は必要ありません。

2)ワクチン接種されているか否かに関係なく、現在のところ全員PCR検査が必要です。
出発前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書保持と、アプリへのアップロードが義務付けられています。

3)日本出発前に、各自でPCR検査を受けていただくことになります。

陰性証明書の提出先やアップロードの方法など詳細は、(株)大陸旅遊より改めてご参加の皆さまにご案内申し上げます。


インド出国に際して

1)皆さまご一緒にPCR検査を受けていただくことになります。インド現地旅行社よりご案内申し上げます。


帰国後の自宅待機について

1)ワクチン3回接種者については、帰国後の自宅等待機は必要ありません。ワクチン接種3回目がお済みの場合は、接種証明を取得しておいてください。取得に関する詳細は、接種券が送られてきた市区町村にお問い合せください。

2)ワクチン無接種、1回接種、2回接種の方は、現在、帰国から3日間の自宅待機が求められます。


インドの感染状況

かつて一日40万人程度であったコロナ感染者数は、ジョンズ・ホプキンス大学の報告によると現在1万人弱、日本の半数程度です。インドの人口は日本の10倍以上なので、日本の人口に換算すると千人弱となります。

規制が日々、緩和されてきている現状に鑑み、渡航に必要なご準備は、少し様子をみてからでよいと思われます(2022年6月10日)。