企画旅行

第33回『大いなる生命と心のたび』南インド横断巡礼ツアー
― 母なる女神とシヴァ神の大聖地 ―

旅のお誘い

『“来年”が終わるまでに、大きなパリハーラムを3度行なわなければならなくなる』
3月の初旬、このような予言が出てきました。ここにいうタミル暦の“来年の終わり”とは、私たちのいう来年4月のことです。
当時、世界情勢は極めて危険で、私の生徒さんにも危機が迫っているという記述でした。しかも彼らはそれに気づいていない──。幸い、最初のパリハーラムは見つけることができ、4月1日、そのための儀式を捧げることができました。その後、情勢は急速に好転しているようにも見えますが、生徒さんのなかには予言どおり思わぬ艱難に陥る方もでて、予断を許しません。
2月のイスラエル巡礼後、しばらく旅行は無理と思っていましたが、ここはシヴァ神のご指示どおり大女神ムーカンビカにおすがりし、儀式を捧げたいと思います。幸い、それぞれの地で最高といえるホテルを確保できました。是非、この機会にふたたびインドに渡り、ご一緒にお祈りいただけるよう願っています。

青山圭秀


参加要項

旅行期間 2018年7月14日(土)〜22日(日) 9日間
旅行代金 329,800円(プレマ倶楽部会員の方:298,800円)
※一人部屋利用追加料金:68,800円
最少催行人員20名様
企画 (株)アートオブサイエンス
旅行企画・実施 エアーワールド(株)
お申し込み・お問い合わせ

(株)パッションフロンティア
【担当】大塚・丸川

〒162-0808
東京都新宿区天神町63 ヴェラハイツ神楽坂202

Tel&Fax:03-6280-7742

e-mail:info@passionfrontier.co.jp

ツアーパンフレット/旅行申込書(pdf:2MB)
お申し込み締切 2018年6月2日(土)


旅のポイント

ティルヴァンナマライ

大聖者ラマナ・マハリシが長年にわたって瞑想し、最終的な悟りを啓いた地として有名なティルヴァンナマライ。ここはまた、太古の昔からシヴァ神の大聖地です。
今回の巡礼では、ラマナ・マハリシのアシュラムやアルナーチャレーシュワラ(シヴァ神)大寺院を参拝する他、聖なるアルナーチャラの山頂まで登る予定です。シヴァ神のご神体であるアルナーチャラ山のなかでも最も神聖な頂でご一緒に瞑想、祈りを捧げます。

ポンディチェリー

長年にわたりフランス領であり、海に面した美しい都ポンディチェリー。
『女神アマンに終日、盛大に祭事を奉じなさい』という予言の指示に従い、母なる女神にプージャを捧げます。多数の僧侶らにより早朝から深夜までうたわれるヴェーダ讃歌と人びとの祈りは、わたしたちを深い静寂へと導いてくれます。
可能なら、20世紀を代表する聖者オーロヴィンドの残された共同体の村・オーロヴィルを訪問します。

シュリ・ムーカンビカ

至高神とその化身すべての顕現である大女神は、太古の昔、ムーカンビ力の地を創造の中心とお定めになり、現在、朝はマハー・カーリー、正午はマハー・ラクシュミ、夕刻はマハー・サラスワティのお姿で礼拝されています。
予言の指示に従い、大女神ムーカンビ力の寺院にて儀式を奉納、ご一緒に瞑想します。また、シヴァ神のご家族の寺院数力所でも儀式を捧げます。


旅程

2018年7月14日(土)
成田 - デリー - チェンナイ 
11:15成田発エアインディアにてデリーへ
17:00着後、入国乗り継ぎ手続き
20:40エアインディア国内線にてチェンナイへ
23:35着後、専用バスにてホテルへ

<チェンナイ泊>
7月15日(日)
チェンナイ - ティルヴァンナマライ 
午前専用バスにてティルヴァンナマライへ
午後シュリ・ラマナ・アシュラム、アルナーチャレーシュワラ(シヴァ神)大寺院などを巡礼

<ティルヴァンナマライ泊>
7月16日(月・祝)
ティルヴァンナマライ - ポンディチェリー 
午前大聖者ラマナ・マハリシが瞑想した洞窟や聖者の隠遁している洞窟などを巡礼しながら、シヴァ神の聖山アルナーチャラ(標高814m)を登り、頂で瞑想の予定
午後専用バスにて、連邦直轄領・東海岸ポンディチェリーへ

<ポンディチェリー泊>
7月17日(火)
ポンディチェリー 
終日寺院にて女神アマンに捧げる儀式に参列
夕刻オーロヴィル(環境実験都市・共同体)を訪問の予定
終夜女神アマンの山車に乗って人びとに衣類とお供物を配布したり、神への讃歌や踊りなどの祝祭に参加

<ポンディチェリー泊>
7月18日(水)
ポンディチェリー - チェンナイ - マンガロール 
午前専用バスにてチェンナイへ
16:50国内線にてマンガロールへ
18:45着後、専用バスにてホテルへ

<マンガロール泊>
7月19日(木)
マンガロール 
終日カルナータカ州・西海岸マンガロールからクリシュナ神の聖地ウドゥピ周辺を巡礼予定
シュリ・ムーカンビカ寺院にて大女神ムーカンビカにプージャを奉納

<マンガロール泊>
7月20日(金)
マンガロール 
終日前日同様マンガロールからウドゥピ周辺を巡礼予定
シヴァ神のご家族の寺院数カ所にてプージャを奉納

<マンガロール泊>
7月21日(土)
マンガロール - ムンバイ - デリー 
午前専用バスにて空港へ
12:40エアインディア国内線にてムンバイへ
14:25着後、乗り継ぎ手続き
16:00エアインディア国内線にてデリーへ
18:15着後、出国乗り継ぎ手続き
21:15エアインディアにて帰国の途へ

<機中泊>
7月22日(日)
成田 
8:45成田空港着、入国通関