メールマガジン<プレマ通信>

青山圭秀エッセイ  バックナンバー

第1号 - 第10号
第11号 - 第20号
第21号 - 第30号
第31号 - 第40号
第41号 - 第50号
第51号 - 第60号
第61号 - 第70号
第71号 - 第80号
第81号 - 第90号
第91号 - 第100号
第101号 - 第110号
第111号 - 第120号
第121号 - 第130号
第131号 - 第140号
第141号 - 第150号

最新号 (第151号 2021年9月28日配信)

『政界今昔物語』-その3-

わが国では過去4回、オリンピックが開催された。
1964年の東京、72年の札幌(冬季)に続き、
98年の長野(冬季)、そして今年の東京である。

「その1」で言及したように、64年には池田勇人がガンにより、
「その2」に書いたように、72年には佐藤栄作が「死に体」となり、
それぞれ退陣している。
さらに98年には、後に「貧乏神」と呼ばれるようになった橋本龍太郎が
参院選で大負けして辞任、そして今年は、
記者会見の度、しどろもどろとなる菅義偉が事実上の退陣表明を行なった。
オリンピックを行なうとその年、首相が辞任するというジンクスが、
こうして今回も蘇ったことになる。

偶然だろうとは思うが、オリンピックを挙行するというのは、
まずはIOC委員やその親族、関係者をことごとく接待漬けにし、
その過程で闇から闇へと巨額の金銭が流れていく招致の段階から、
数年にも及ぶ財政投入や、多様な国民世論の醸成にいたるまで、
やはり国家にとっても相応の消耗をともなう力業なのであろう。
さまざまに感動的な余韻とともに、祭りが終わったときにはこうして、
内閣が一つずつ力尽きていくかのようである。

私自身は、5歳のときにテレビで見た東京オリンピックで、
重量挙げの三宅選手や東洋の魔女たちを見たときからのファンで、
以来、いつかオリンピックに参加できないかなどと夢想することもあったが、
今度生まれ変わったときにも同じようなかたちで、
またはオリンピック自体が行なわれているかどうかは疑問である。

ところで、菅首相が今回の総裁選に出馬しないと表明した日からしばらくの期間、
東京株式市場はまるで御祝儀でも配られたかのように棒上げした。
まったくの偶然だろうが、新型コロナウイルス新規感染者数も激減し、
これまで曲がりなりにも経済の浮揚と
コロナ対策の両立に苦しんできた首相の胸中はいかばかりかと察せられる。
もちろん、官房長官時代を含め、
過去10年にもわたり権力の蜜を存分に味わい尽くしたであろう同首相に、
反作用が返ってきただけだとする考え方もあるだろう。

いずれにしても、世間は「政治家は使い捨て」と考えており、
歴代首相をみても、その多くが退任時には、いわばボロボロになって辞めている。
富であれ権力であれ、もっているものを失うのはどんな人間にも寂しいことなので、
退任された総理大臣には当分の間SPをつけたままにしておくと聞いたことがある。
それと関係があるのかどうなのか、または在任中の激務によるものなのか、
多くの方はその後、そう長く生きられる傾向にはないようだ。

もちろん世間はそんなことには頓着することなく、
誰が次の総理・総裁になるかがこの一カ月、関心の的だった。
翻ってみれば、かつての吉田茂や池田勇人、
佐藤栄作を経て「三角大福中」といわれた時代に比べ、
現在の総裁候補らはいかにも小粒に見える。

しかし、たとえば小泉純一郎が総裁に選ばれたとき、
その基準はさまざまであるにしても、後にあれほどの評価を受ける宰相になるとは、
多くの人は想像しなかったに違いない。
『位が人を創る』という言葉もあるのだから、
明日、どなたが総裁になられても、
名宰相と呼ばれるようになっていただければと願わずにはいられない。